外断熱住宅の特徴や問題点について

外断熱住宅の誤解

スポンサード リンク

外断熱住宅は、断熱性・気密性に優れていますが、それらの性能は適切に使わなくてはむしろ害になります。

また断熱材は適正な厚さや性能がなければ保温能力が低下し、期待したほどの省エネルギー効果は望めません。

さらに気密性能についても、一定レベル以上の性能がなくては、冷暖房した空気が隙間から逃げてしまいます。

そのうえ断熱・気密のバランスが崩れると、結露が生じたり、家の構造体そのものが腐り始めるという弊害が生じ、地震や台風に弱い家となってしまいます。

なお断熱工法には大きく分けて、内断熱工法と外断熱工法があります。

内断熱工法とは、グラスウール等の断熱材を柱と柱の間に施工する工法で、壁の内側にビニール状の気密シートを貼ります。

一方の外断熱工法とは、壁の外側に壁ごと包み込むように断熱材を施工する工法で、断熱材には発泡ポリスチレンやウレタン等を用いることが多く、ビニールシートは貼りません。