断熱材のジョイント

断熱材のジョイント

スポンサード リンク

外断熱の場合、気密性のある断熱材を用いることが多いため、気密シートを貼る必要はありませんが、完全な気密性を確保するには、断熱材同士の繋ぎ目に注意が必要となります。

そして隙間ができないように、しっかりと端部を突き合わせた上で気密性を確保するには、断熱材の繋ぎ目にテープ等を貼ります。

ただし外断熱工法では、施工しやすいように断熱材の大きさが小さめなので、家全体を覆うにはかなりの枚数の断熱材が必要であり、その分気密テープを貼るジョイント部が多くなります。

なお外断熱では、一部の地域や工法を除き、防湿フィルムの施工は必要ないとされていますが、それだと気密テープが通気層の中で空気や湿気にさらされ、気密テープの粘着性の劣化が進行してしまいます。